航空機関連

機体を彩るマーキングは美しいだけでなく、速度、気圧、気温差などの極限の環境変化耐え、まさかの災害時に不燃性を保たなければいけません。 また、機体のプラカードやマーキングも万が一の燃焼時に有毒ガスを発生しないものや自己消化性のある金属板への印刷が要求されています。 私たちは安全性の高さでFAAという米国の厳しい安全規格にも「F1」という高いレベルで認可を受け、米国ボーイング社をはじめ世界で評価されています。

錯視サイン

航空機外装関連

上空10,000mを飛行した時、外気温はマイナス50度、着陸時にはプラス50度にもなるため、剥がれずにいられるフィルムはごく僅か。特殊フィルムを使用して、インクジェット印刷やスクリーン印刷を施して、イベント時に国内運航会社様にデザインサインやコーションサインとして幅広く使われております。施工も当社にお任せください。

錯視サイン

航空機内装関連

内装部品として燃焼テストをクリアした製品構成を提案いたします。フィルムからポリカーボ(レキサン・カーボグラスなど)、成形品へのスクリーン印刷まで、航空機機内でご使用いただける製品を作製いたします。

錯視サイン

航空機内装関連(金属銘板)

航空機機内、準機外、機外など、幅広い銘板を作製いたします。彫刻、レーザー彫刻をオプションで追加していただき、お客様のご要望に対してJUST IN TIMEでお答えいたします。アルマイト印刷、エッチング銘板の加工もご利用いただけます。

航空機内装関連(金属銘板)

お客様事例

事例一覧

ページトップへ