UL

材料・装置・部品・道具類などから製品に至るまでの、機能や安全性に関する標準化を目的とした製品安全規格を策定し、同時に評価方法を設定、実際の評価試験を実施する。これら試験に合格したものはUL認証マークの使用が認められる。

ページトップへ